岩手県立胆沢病院

精神科

トップページ診療科・部門 > 精神科

診療スタッフ

職 名 氏 名 所属学会等
精神科長 鬼澤 民雄 日本精神神経学会

診療内容・専門分野

 成人の精神障害全般を対象としています。現在は、入院中の精神医学的問題への対応が中心で診断としては、せん妄、認知症、うつ状態、適応障害の患者さんが大多数を占めます。
 急性の病気の罹患、入院による環境変化が及ぼす心理的な影響は多大で、感情変化を伴うことが少なくありません。そうした場合の精神医学的な対応も個々の患者さんによって大きく異なります。身体科主治医の先生と協力しながら、入院中のQOLのみでなく、退院後の生活への影響も視野にいれ、治療に取り組んでいます。 
 身体疾患の治療がスムーズに進行するようにアレンジすることも大事な役割です。
 当院は急性期病院で入院期間が短く、入院中の治療だけで問題解決することは多くありません。幸い当地域には精神科診療所、精神科病院、総合病院精神科などの地域的医療資源が裕かで、当院退院後のフォローを各医療機関あるいはプライマリーの先生方にお願いしております。
 最近十数年は、社会的ニーズもあり、認知症の患者さんを見ることが多くなっています。認知症は中核の認知機能低下のみでなく、周辺症状が激しく現れ、患者さん家族の苦労も並大抵でありません。昨年の9月からは、もの忘れ外来を当科で始めました。認知症の診察をしっかり行うことは通常の診察時間のなかでは困難なことが多いのが実情です。当地域の認知症の診療や介護導入に少しでも、このもの忘れ外来を役立てていただけると幸いです。

診療科

▲上に戻る