岩手県立胆沢病院

外科

トップページ診療科・部門 > 外科

診療スタッフ

副院長 鈴木 雄
乳腺外科長 楠田 和幸
消化器外科長兼地域医療科長 伊藤 靖
総合診療科長兼内視鏡外科長 渋谷 俊介
病理科長 玉手 義久
血管外科長 橋本 宗敬
第2外科長 佐藤 博子
第1外科長 谷村 武宏
第3外科長 山田 誠人
医  師 三浦 琢磨
宇田川 輝久

診療内容・専門分野

消化器を中心とした腹部外科、乳腺甲状腺を中心とした内分泌外科、食道を中心とした胸部外科、血管外科など外科一般を広く対象として診療しています。

当科の特色及び目指す診療内容

十分なインフォームドコンセントのもと、患者さんとともに歩む医療を目指したいと思っております。また。進行がんや再発ガン、重傷救急疾患などに対しても、積極的に外科治療を加え患者さんの治療成績の向上を図りたいと思っております。

 

消化器手術においては、胸腔鏡下食道がん手術を導入しており、

従来に比べて格段に術後の痛みが少なく、体力回復が早くなっています。胃がん、大腸がんの手術においても、腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れています。3D画像システムや、4Kの高解像度のシステムを導入しており、鮮明な画面を見ながら鏡視下手術を行っています。

 

甲状腺手術では、東北地方では初めて鏡視下手術を導入しています。小さな創で甲状腺の摘出が可能であり、術後の傷跡が極力目立たないような治療をしています。

→甲状腺鏡視下手術についてご覧になりたい方はこちらをクリック←

 

また、血管手術については、大動脈瘤のステントグラフト手術、下肢静脈瘤のレーザー治療・高周波治療、下肢動脈のカテーテル血管拡張術、ディスタルバイパス術等、最新の技術を取り入れた手術を行っています。

→血管外科についてご覧になりたい方はこちらをクリック←

 

専門外来として血管外科外来、リンパ浮腫外来、甲状腺外来、乳腺外来を開設いたしておりますのでご利用ください。腹部の救急診療や終末期医療への積極的取り組みも行っております。

また、初期研修医教育にも力を入れておりますので、ご理解とご鞭撻をお願いいたします。


当院では、日本外科学会によるNCD事業(日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業)に参画しています。
(詳細はこちら)

実施中の臨床研究

血管外来(血管外科)について

当院では、「血管外科(血管外来)」を常設しています。

海外では、「血管外科=Vascular Surgery」は一般的な診療科ですが、日本では、大学病院などの大病院以外で「血管外科」を専門に診療している病院は、多くはありません。

 

当院の血管外科では、大動脈瘤の治療、下肢の血流改善の治療、下肢静脈瘤の治療などを行っています。

特に、重症虚血肢に対するDistalBypass(ディスタルバイパス)や、腹部大動脈瘤のステントグラフト手術、下肢静脈瘤のレーザー・高周波手術など、最新の治療法を積極的に取り入れ、それぞれの患者さんに適した治療を行っています。

 →詳しくはこちらをクリック←

 

甲状腺外来について

甲状腺には結節(しこり)ができることがあります。甲状腺腫といわれますが、首の腫れやしこりを自覚する場合とほかの人に指摘される場合とがあります。甲状腺腫には良性や悪性を含めいくつかの種類があります。 

→詳細はこちらをクリック←

 

甲状腺の病気について

甲状腺の病気には、結節(しこり)ができる腫瘍性のもの、ホルモンの分泌異常から起こる機能性のものと二つに大別されます。

→詳細はこちらをクリック←

 

 

診療科

▲上に戻る