岩手県立胆沢病院

皮膚科

トップページ診療科・部門 > 皮膚科

診療スタッフ

職 名 氏 名 所属学会等
皮膚科長 古舘 禎騎

日本皮膚科学会(専門医)

日本皮膚悪性腫瘍学会

日本皮膚外科学会

日本臨床皮膚外科学会(専門医)

日本研究皮膚科学会

日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)

日本褥瘡学会

診療内容・専門分野

・1人体制で皮膚科疾患全般を対象に診療を行っています。

・他科や近隣のクリニックと連携しながら精査および加療を行っています。

・手術は腫瘍切除(拡大切除含む)、植皮術、皮弁作成術、瘢痕拘縮形成術など多岐にわたり行っています。隔週で東北大学から応援医師が来ています。

・より高度な診断や治療が必要な場合には東北大学や岩手医科大学などへ紹介しております。

・当科ではレーザー機器がないため、レーザー治療は行っておりません。

・NB-UVB、エキシマライト(セラビーム)による尋常性乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症、掌蹠膿疱症などの疾患に対する治療が可能です。

・2017年11月に、尋常性乾癬に対する県内4カ所目の生物学的製剤新規使用施設の(再)承認を受けたため、これまで従来の治療で十分な効果が得られなかった患者様に対しても新規の治療導入が可能となりました。治療適応には一定の基準があるため、ご不明な点は当科までご連絡ください。

・根治切除不能な悪性黒色腫(メラノーマ)に対して、免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ)の投与が可能となりました。治療の初回導入につきましては東北大学/岩手医科大学皮膚科などの施設と連携をとり、必要に応じて紹介させて頂きます。

当科の目指す診療内容

・治療方針について選択肢を説明した上で、その患者背景や状況にあった治療内容をお互いに納得した形で診療を進めていきたいと考えております。

・アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などのアレルギー性疾患、乾癬、皮膚真菌症(白癬、カンジダ症など)、皮膚腫瘍、熱傷、円形脱毛症などの皮膚疾患一般について正確な診断と適切な治療を目指して診療しております。

・基本的に紹介があれば当日診察致しますが、当日の混み具合によっては翌日以降の診察とさせて頂くこともございます。

・地域完結型の医療を目指していますが、より高度な治療が必要な場合は他施設に紹介させて頂く場合もございます。また、症状が落ち着いた患者様には近医への逆紹介を勧めております。

・手術につきましては外来での手術も含め、年間160~180件ほど行っておりますが、多くが日帰り手術(day surgery)であり、早期の自宅/職場復帰を目指しております。

診療科

▲上に戻る