岩手県立胆沢病院

臨床検査技術科

トップページ診療科・部門 > 臨床検査技術科

私たち臨床検査技術科の仕事

「看護師さんが採血した血液は、その後どうなるのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか?臨床検査科では、患者様から採血した血液、提出していただいた尿など、様々な検体を検査し、病気の診断や治療方針を決定するためのデータを提供しています。

《検査》には様々な種類があります

臨床検査科は、生化学検査、血液検査、一般検査、細菌検査、輸血検査、生理検査、病理検査の7部門で成り立っています。

生化学部門

生化学部門「生」の化学と書いて「せいかがく」と呼びます ここでは、主に患者様から採血された血液の中の成分を化学的に分析しています。肝臓・心臓・腎臓など体の健康状態や、肝炎ウイルスなどの感染症や、病気の進行状況などを判断する材料として使われています。代表的な項目として、血糖・蛋白・ナトリウム・アミラーゼ・GOT・HBs抗原などがあります。

血液部門

血液部門血液検査には、白血球数、赤血球数、血小板数、ヘモグロビンの値を調べる血液一般検査と、血液を止血させる役割をする凝固因子や血栓があるかどうかを調べる凝固検査があります。血液一般検査は感染症が無いか?貧血が無いか?その他の血液の病気が無いか?を調べるために最初に行われる検査です。また、凝固検査は「血液さらさら」にする薬を飲んでいる方の薬の量を決めるために行うこともあります。どちらの検査も血液2mlの少量の採血で多くの病気の情報が分かります。

一般部門

一般部門尿一般検査は、皆さんも知っている健康診断、糖尿病や腎臓病診断の検査の一つで定性・定量と沈渣、化学検査などがあります。検査には尿の量が最低10ml以上必要ですし、採れない時には一時間ぐらい待ってもらうようになりますので病院に来院の時トイレはなるべく我慢して下さい。採れない時は別の日に検査をするようになります。定性検査は試験紙の色の変化で糖が(2+)蛋白が(-)など結果を(+)・(-)で表します。定量と化学検査の結果は数値で表します。沈渣は尿の中にどの様な細胞がどのくらいあるか、形の異常がないかを顕微鏡を使って数を数えます。その他、尿を24時間貯めて行う検査もあります。

細菌部門

細菌部門患者様の喀痰、尿、便、膿などに、炎症を起こしている細菌やウイルスがいないか調べ、どのような薬が有効か調べます。また、院内でどのような細菌が検出されているか監視し、院内感染予防対策の一翼を担っています。

輸血部門

輸血部門輸血一元管理体制で血液型、不規則抗体検査、交差試験検査、分画製剤について業務を行っています。時として緊急に大量輸血が必要となりその対応に大慌てすることもありますが、全自動輸血検査装置や、オーダーリングシステム(電子カルテ)により安全かつ迅速に結果を出すことが出来ています。

生理部門

生理部門現在、メンバーは、男性1名女性4名の5名で構成され、循環器、呼吸器、脳神経、耳鼻科、各エコー、そしてUBTの支援などを担当している。6~8カ所での業務となるため、5名が毎日各々の仕事を時間割で担当している。緊急など非常事態には、どうしても生理検査以外からの応援を余儀なくされる。診療科など他部門からの要請にも出来る限り対応するよう精進の日々である。

病理部門

病理部門私達は組織検査という、胃や大腸を始め、体全体の組織を小さく切って標本とし、顕微鏡で微細な構造をみて癌などの病変があるかどうかを調べる仕事をしています。
上記の他に、細胞診検査といって、喀痰、尿、また乳腺や甲状腺などの穿刺材料をガラスに塗って染色し、顕微鏡で癌細胞があるかどうかを調べています。患者さまにとって最終的な検査となるので正確な診断が必要とされます。

スタッフ紹介

当検査科は平均年齢が44.8歳と活気にあふれたスタッフであります。検査科は4ブロックにわかれており、検体検査(生化学・血液・一般・輸血)、細菌検査、生理検査、病理検査の各ブロックにはチーフとなるスタッフがいます。認定血液検査技師、医療情報検査技師、2級臨床技師と各種業務に精通した技師もいます。我々は常日頃から、知識技術の向上を図りながら、業務に励んでおります。

部門

▲上に戻る