岩手県立胆沢病院

臨床検査技術科

トップページ診療科・部門 > 臨床検査技術科

私たち臨床検査技術科の仕事

「看護師さんが採血した血液は、その後どうなるのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか?

臨床検査技術科では、患者様から採血した血液、提出していただいた尿など、様々な検体を検査し、病気の診断や治療方針を決定するためのデータを提供しています。

《検査》には様々な種類があります

臨床検査技術科は、生化学検査、血液検査、一般検査、細菌検査、輸血検査、生理検査、病理検査の7部門で成り立っています。    

 

 生化学部門

「生」の化学と書いて「せいかがく」と呼びます。 ここでは、主に患者様から採血された血液の中の成分を化学的に分析しています。肝臓・心臓・腎臓など体の健康状態や、肝炎ウイルスなどの感染症や、病気の進行状況などを判断する材料として使われています。代表的な項目として、血糖・蛋白・ナトリウム・アミラーゼ・AST・HBs抗原などがあります。

 

                               

 

 血液部門

血液部門

 血液検査には、白血球数、赤血球数、血小板数、ヘモグロビンの値を調べる血液一般検査と、血液を止血させる役割をする凝固因子や血栓があるかどうかを調べる凝固検査があります。血液一般検査は、感染症が無いか、貧血が無いか、その他の血液の病気が無いかを調べるために最初に行われる検査です。また、凝固検査は血液をさらさらにする薬を飲んでいる方の薬の量を決めるために行うこともあります。

 

   

 一般部門

一般部門

 一般検査では、尿や便、体腔液(腹水や胸水)などの検査をしています。尿の中のタンパクや糖を調べることで、腎臓や膀胱の病気をみつけることができます。また、どの様な細胞がどのくらいあるか、形の異常がないかなど顕微鏡を使って調べます。

 

 

  

 細菌部門

細菌部門

 喀痰や尿、便、膿などに、炎症を起こす原因となる細菌やウイルスがいないかを調べ、どのような薬が有効か確認します。また、院内でどのような細菌が検出されているか監視し、院内感染予防対策の一翼を担っています。

 

 

  

 輸血部門

輸血部門

 輸血を行う際に必要となる、血液型を調べる部門です。献血によって提供された血液を、輸血を受ける方に安全に使用出来るかどうかを調べています。

 

 

  

 生理機能部門

生理部門

 心臓の電気信号である心電図を測定し、不整脈や狭心症などの病気がないかを調べています。また、肺活量などといった肺の機能を調べる検査や、血管の硬さを調べる検査なども行っています。

 

 

  

 病理部門

病理部門

胃や大腸、肝臓など、体全体の組織を小さく切って標本をつくり、顕微鏡で微細な構造を観察して、癌などの病変があるかどうかを調べています。他にも、細胞診検査といって、喀痰、尿、乳腺や甲状腺などから採取したものをガラスに塗り、染色液で染めて、顕微鏡で癌細胞があるかどうかを調べています。

 

  

 

 

 

スタッフ紹介

 

検査科は、検体検査(生化学・血液・一般・輸血)、細菌検査、生理機能検査、病理検査の4ブロックで構成されています。常日頃から、知識、技術の向上を図るとともに、検査精度の維持・向上に努め、良質なデータの迅速な提供、医療過誤防止を徹底し業務に励んでいます。

 

  

 

部門

▲上に戻る