岩手県立胆沢病院

放射線技術科

トップページ診療科・部門 > 放射線技術科

放射線技術科のご紹介

放射線技術科では、診療放射線技師17名が各種画像検査や放射線治療業務に従事しています。患者さんが安心して検査・治療を受けられるよう、注意を心がけて日々業務を行っています。またスタッフはより良い検査・治療を患者さんに提供すべく、各種勉強会、講習会などに参加し、スキルアップに積極的に取り組んでいます。

 

部門の内容

一般撮影装置3台、乳房撮影装置1台、骨密度測定器1台、CT装置3台、MRI装置1台、ガンマカメラ装置1台、血管撮影装置2台、X線透視装置2台、放射線治療装置1台、ポータブル装置、外科用イメージ装置などが整備されています。撮影された画像はPACSで保管され、電子カルテ上での閲覧が可能となっています。

部門の主な検査

CT検査

 

80列MDCTを使用。心臓検査にも対応しており、三次元ワークステーションを使って3D画像作成や解析処理なども行っています。

 

MRI検査

高磁場装置(1.5T)が稼働しています。急性期の脳梗塞に対しては24時間体制で検査を行っています。
高磁場のため金属類の持ち込みはできません。検査の際は身につけているものは外していただく場合もあります。

 

 

核医学検査

放射性同位元素を含んだ医薬品を利用し、ガンや腫瘍・梗塞部位などを見つける検査です。
 放射性同位元素によるがん治療等の内用療法も行っています。
 

 

乳房撮影装置

撮影装置は、FPD搭載により、高画質のデジタル画像を提供しています。こちらの装置は、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会が定める画像認定基準を満たしており、マンモグラフィ認定講習を受けた技師が撮影を行っています。

 

血管撮影検査及び血管内治療

2台の装置が稼働しています。1台は循環器専用で主に冠動脈の撮影及び治療を、もう1台は脳外科、血管外科、泌尿器科などが使用し血管撮影及び血管内治療を行っています。

 

放射線治療

2010年度より岩手県内では初のSIEMENS社製装置、ONCOR Impression plusが導入されて画像誘導放射線治療(IGRT)などが可能となり、より精密な治療が可能となりました。
毎年、新患者数150名以上、通常照射から体幹部定位照射(SBRT)まで行っています。
岩手県南の呼吸器がんセンターとして医師及び他部門のスタッフと協力し合いながら患者さんに質の高い医療を実践できるよう日々研鑽しています。

トップへ戻る

部門

▲上に戻る